FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理バトン《ネロ》

2009.04.16 20:01|未分類
b43151_icon_6.jpg
ネロ・ヘルグリムだ。
再びカヅキからの心理バトンを回されたので、それに応じてみた。
答えには、俺も考えさせられるものがあったのは中々興味深かったな。
「続きを読む」で、回答結果ということになっている。



■回す人
・明正捩木

交流の一環として「時雨四季園」の団員のみ、それも挨拶をしてくれた者に限定させてもらった。
ということで、ブログを持っている者で且つ心理バトンをやっていない者は、一人しかいなかった。
なにやら彼は二時間の努力が一瞬にして水泡に帰る事故を起こしてしまったらしい。
まぁやるのは気づいたらでいい。

■次の接続詞に続けて文章を完成させてください。みな独立した文章です。

1.「しかし」
 『この身は兵器である』

2.「やがて」
 『巡り逢う』

3.「ただ」
 『一人の女性を愛している』

4.「だって」
 『過去は変えられない』

5.「そして」
 『未来へと踏み出したい』

6.「水たまりには」
 『過去の幻影が纏わりついている』

7.「あの子って」
 『俺に似ている』

8.「今日の私は」
 『昨日と変わらない』

9.「すこしは」
 『罪は償えただろうか…』

10.「涙は」
 『枯れてしまった』
 【結果発表】


1.『しかし』とはこれまでのことを振り返るときに必ず使います。
つまり、この後に続く言葉は『今までの人生』を象徴します。

  ほう、俺を兵器から解放してくれるのか?
  喜ばしいことだが、俺の罪は拭えない………

2.『やがて』は近い未来を予想、あるいは予測する時に使います。
あなたが今一番気になる未来…『恋人との行方』を表します。

  残念だが既に姉とは会った後だな。
  無論、別に他の女性がいる等とは考えられない。

3.『ただ』これは後に『…だけ』などが続き、
非常に少数なものを語る時に使う接続詞なので、
『一人の時のあなた』の状態がここで浮き彫りにされるでしょう。

  ち、違うぞ。別にいつもこんな事を考えている訳ではない。
  それに…こんなことが彼女に知れたら、俺は恥ずかしさで死んでしまう。

4.『だって』はもちろん言い訳をする時の常套句です。
あなたが言い訳する時、あなたが知らず知らずの内に自分の欠点を語っているのです。
実は『あなたの嫌なところ』をさらけだしてしまっているのです。

  …ああ、そうだ。いくら望んでも過去は変えられない。
  俺のしてきた事は許されるものでもないし、許してくれる相手ももうこの世にはいない。
  それでも俺は―――

5.『そして』は現状を受けて、その延長線上に
『あなたの老後』がここに映し出されています。

  そうれなればいいな。
  俺が老成したときまでには、全てが終わっていればいうことはない。

6.『水たまり』というのは真実を写す鏡の象徴でもあります。
水たまりをどうとらえるかによってわかるのは『あなたの本当の姿』です。

  そうか…
  やはりこの忌まわしい力は消える事はないのか……『イグニス』

7.『あの子』これは他人を指す言葉ですね。他人に対する言葉は裏返してみれば他人の目に映る自分を意識する言葉でもあるのです。
自分をつくろったり、よく思われたいと願う部分、これは『好きな人の前にいるあなたの態度』です。

  まぁ、双子だしな。
  俺の居場所は彼女以外にありえない。
  ただ、別に姉さんの前では俺は意識的にそう取り繕ったりはしていないつもりだ。

8.『今日の私』、『今日』とあえて限定すると、とてもあらたまった気持ちになります。
でもそこには無理にとりつくろった偽りの心が含まれていることも事実でしょう。
ここでは『ウソをついている時のあなた』が表れてしまいます。

  嘘をつくことなど造作もない。
  教団によって俺は、あらゆる英才教育を叩きこまれたからな。
  普段話している時と全く変わらない様に演術可能だ。

9.『すこしは』…出来なくてもいいからわずかでもいいから努力しなくてはと、
自分を叱咤激励するような気持ちをこめたこの言葉から導かれるのは、
あなたのやる気、つまり、『今年の目標』なのです。

  罪を償うのは目標というより、科せられた使命みたいなものだ。
  償い終わった後には罰も受けなければならないだろうな。

10.『涙』は喜び、悲しみ、感動とさまざまに揺れ動くあなたの心の代弁者です。
大人への第一歩を踏み出した『初体験の時』の不安や喜びがここでわかります。

  大人への第一歩が何を指しているのか分からないないな。
  これは人それぞれ切っ掛けは変わるものだ。成人すらしていない俺はまだまだだ。
  ただ、俺は大人になった瞬間に枯れてしまうというのは悲しいことだな。

プロフィール

レイス

Author:レイス
此処は背後のレイスがトミーウォーカーのPBWについて語る場所だ。更新は非常に気まぐれで早い時もあれば遅い時もある。

カレンダー

イラストについて

========================= 当HP内に転載されている作品は株式会社トミーウォーカー が運営するPBW用のイラストとして、レイスが作成を依頼したものです。 イラストの使用権はレイスに、著作権は各イラストマスターに、 全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
=========================

カテゴリ

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。