FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ語り

2009.05.01 09:33|設定・キャラ語り
各キャラクターのイメージ・コンセプト・カップリング・没PCについて箇条書き形式で綴っています。
没PCについては、イニシャルのみの公表となっておりますのでご注意ください。一応、全てPC制作済みですが……。
ちなみに、ネタばれがないよう心掛けていますが、もしかしたらうっかりなっているかも……しれません(笑
制作秘話なんかもちらほらと………。


そういえば僅か一年で、担当PCが五人になっていますね。
星が流星の如き勢いで飛んでいく~~~。


P.S:本文には「物語」という言葉が頻繁に出てきますが、これは勲夜が書く二次創作の小説・SSをさしています。
近藤あやめの「物語」とはまた別です。
二次創作の本編小説のタイトルがまだ決まっていませんので、都合上「物語」という表現を使わせてもらってます。
a62873_icon_3.jpg『レイス・グレイアン』
〆シルバーレインで活動するため作成した、以降の全PCのプロトタイプとなるキャラクター。
〆モデルとなったキャラクターは、「キングダムハーツ2」に登場する「ゼクシオン」。
〆最初は物凄いアレな性格だったんですが、色々とあって爽やかなキャラクターに。
〆彼の活動からPBWを経験し、後に本格的にPBW活動する為にシルバーレインへ移行。
〆そもそもシルバーレインをやりたかったので、最初から一年程で凍結予定でした。
〆凍結記念にその後の生活を描いたピンナップを発注予定でしたが、事情により断念。
〆現役を引退し、今では当ブログ第二の管理人です。立ち位置としては皆の先輩という感じです。


b35943_icon_10.jpg『イクセス・フロイライン』
〆無限のファンタジアのレイスを踏まえ、作成したPC。
〆モデルとなったキャラクターは、「スターオーシャン3」の「マリア・トレイター」。
⇒当時異常なまでにスターオーシャン3のカップリングの一つ、フェイマリに嵌っていたので、モデルはマリア・トレイターにしようと決めていました。
〆モデルがマリアなら本名もマリア、ではなく本名がマリアになったのは偶然でした。そもそもイクセスが二つ名となったのは、ネロが誕生した後のことです。
⇒というわけで、当初は双子やら姉弟関係などは全く考えておらず、その後のキャラクターの追加とかの予定もありませんでした。ネロを作ろうかな~と思ったのはそれから半年以上後のことですしね。
〆イクセスの一番最初の頃を知っている方がいればわかると思うんですが、当初の性格は今のセーラのように御淑やかなものでした。
⇒確か入退団のときの挨拶まではそうでした。まだ人物像が決まっていなかった頃なので…。当時の結社の方側にはご迷惑をかけたかと思います。
〆ちなみにジョブが魔剣×貴種なのはちゃんとしたある理由からです。


b43151_icon_6.jpg『ネロ・ヘルグリム』
〆双子の兄妹・姉弟間の恋愛をいつかは書きたいと思っていたので作成したキャラクター
〆モデルはいません。完全オリジナルですが、レイスの性格をやや受け継いでいます。
〆メインに活動しているのはイクセスですが、二次創作では彼を主人公という視点においてます。
〆彼の自己紹介は少々独特です。通常「ネロと語っている」を「騙っている」と言って自己紹介します。特に重要というわけでもありませんが、これには勿論意味があります。
〆個人的に一番お気に入りのキャラクターです。特に水名羽海絵師様が作成した初BUの第一印象が最高でした。


b46191_icon_2.jpg『近藤あやめ』
〆色々と問題ありますが、二重人格を有するPCを作りたいと思って作りました
〆他にも記憶喪失、盲目でもありますね。傍から見ればマナー違反だらけですが、そうならないよう工夫はしているつもりです。
〆ついでなんで髪が真ん中に流れているキャラクターを何より作りたかった!(ぇ
〆イクセス×ネロだと、あまりにも二人だけの世界なので、小さな妹みたいな感じで中に入ってくれればなぁ~と思いながら作ってました。
〆モデルはいませんが、名前だけなら電撃文庫「Missing」に登場する「あやめ」から。
〆レイスとあやめの「アドラスの涙」はよく似ていますが、双方に特に深い意味はありません。
〆とにかく制作理由がたくさん詰まっている割には、性格もあって活動率は少なめという悲しいキャラクター………。
〆でも愛はあります(笑
⇒彼女には最後の最後でとっておきのサプライズを用意しています。


b46963_icon_6.jpg
〆コンセプトは「第三者」です。
〆二次創作の物語はイクセスとネロを中心に進めていきますが、そこからちょっと離れた別の視点から見てみるというのも面白いかなと思って作ったPCです。
⇒モノの善し悪しが人によって違うように、彼女からみた物語は一味違うかもしれません。
〆モデルは小説家P・D・ジェイムズが著作した「女には向かない職業」に登場する私立探偵「コーデリア・グレイ」。
〆彼女のみ、初BUが水名羽海絵師ではありません。当時星が全然なかったので…いつかは発注したいですね。
〆セーラの本質は、敢えて背後である勲夜と同じように投影しました。
⇒人間ってやっぱ色々な仮面(ペルソナ)を抱えて生きていると思うんですね。社会的になんの問題もなく接していても、心の側面ではまた様々な問題を抱えている人は多いと思います。そんな人間の苦悩を勲夜なりに象徴化してみたのが彼女です。
〆おそらくメインキャラクターの中で最も深い心の闇を抱えていると、私個人は思っています。
⇒それ故に書くのが難しいんですよねぇ……


b61333_icon_2.jpg
『氷月玲』
〆ある人物の為に用意したキャラクター。
〆モデルはいません。完全オリジナルです。
〆コンセプトは「解放者」。防具名の由来にもなっています。
〆イクセス×ネロはヨーロッパを舞台にしていますが、その一方で日本でもそういう舞台があってもいいんじゃないかなって思っていました。
⇒ヨーロッパの主人公がネロなら、日本の主人公は玲…かな?
〆他人事を自分の事のように考えてくれる(その逆も然り)人っていますよね。彼はそういうキャラクターに仕上げました。
〆唯一名前に偽名・改名がないPCでもありますね。なんか新鮮だなぁ……。




―――【カップリング】―――




b35943_icon_14.jpgb43151_icon_7.jpg
『イクセス×ネロ』
〆前々から書いてみたかった双子ものです。
〆構想としては大分前からあったんですが、せっかくなのでシルバーレインでの二次創作という形で実現する事が出来ました。
⇒ネロを創る前までは、完全オリジナル(シルバーレインではなく)で書こうとしていました。
〆前述しましたが、イクセスの性格が急遽変更されたのは、ネロを創る為にしたことでした。
〆イクセスはネロの前では他人や友人からは想像できないぐらい甘えます。
〆積極的なイクセスに対し、ネロは少々表面上はそっけないです。
⇒でもいざ反撃となるとネロの方が色々と強いです。心のうちでは多分イクセスより情熱的なのでは…?
〆没ネタとしては、イクセスとネロがお互いに姉弟とは気付かずに恋愛に発展し、後に禁じられた愛であったというのに気付く、というのがあったんですが、「それなんて昼ドラ?」と言われそうなんでやめました(笑


b61333_icon_3.jpg
『礼菜×玲』
〆この二人のカップリングはグリム童話の「ラプンツェル」をベースにさせてもらってますが、少々アレンジを加えています。
⇒二人の物語上の敵となる「魔女」も、ラプンツェルに登場するキーキャラクターの一人ですね。
〆この二人の物語となる基盤は結構すんなり出来上がりました。没ネタなんかも特にないです。
〆イクセス×ネロとは、また違った印象を与える恋愛模様が描ければなぁ、と思ってます。
〆礼菜については詳しく書かれていませんが、簡単にいえば「大人に憧れる夢見る少女」でしょうか。ちょっとこれ以上言うとネタばれになり兼ねないので残念ですがストップです。


b46963_icon_5.jpg
『セーラ』
〆悲しい哉、独り身です。
〆彼女は「第三者」の視点、言い換えれば「メインキャラクターの中でのサブキャラクター」の立ち位置にいるので……特にカップリングは決めていません。
⇒誰かいればいいなぁ、とは思っていはいますが……誰かいませんか?(ぇ
〆まぁ彼女の本質はちょっと難しいんで、カップリングを作り難いのも確かなんですがね。
〆没ネタ? カップリングすら出来ていないのにあるわけないじゃな~い♪
〆「六人目」を期待しましょうか!
⇒そんな余裕はありません。PC制作するだけでも★×2.5が必要だというのに。まぁ創造には犠牲はつきものということもありますので、もしかしたら…あるかもしれません。




―――【没PC・無限のファンタジア】―――




『S・F』
〆女性、セイレーン。
〆非常に殊勝な性格で、レイスの恋人役になる予定だったキャラクター。
〆実際三か月程活動していた。
〆しかし諸事情により、没決定。

『G・I』
〆女性、エンジェル。
〆コンセプトは某フレーズにある「天使のような悪魔の笑顔」。
〆それを重視した為か、完全に敵サイドのようなキャラクターになる可能性大だったため、没決定。

『K・A』
〆男性、エルフ。
〆コンセプトは王。
〆…なんかもう、色々と超越した(もとい、やりすぎた)キャラクターになった為、没決定。

『I・A』
〆男性、ヒト。
〆幼くして吟遊詩人になっただけあり、詩を謳うのが趣味であり特技。
〆一ヵ月ほど活動し、挫折。没PCへ。




―――【没PC・シルバーレイン】―――




『W・D』
〆男性、西洋人。高校生。
〆魔剣と聖剣を代々伝える騎士一族の血を引く者。
〆過去に魔剣と聖剣を受け継ぐ為の試練に挑み、突発的な事故であったものの最愛の女性を殺してしまう。
⇒そのショックが原因で、社交性が皆無に等しい。
〆心を閉ざしすぎて、没PCへ。

『I・O』
〆男性、西洋人。高校生。
〆「W・D」が持つ魔剣と聖剣を追う「追跡者」。
〆ある組織に身を捧げ、自我が崩壊しており、人語を話せない(理解はできる)。
〆社交性皆無な為、没PCへ。

『K・R』
〆女性、日本人。高校生。
〆前述した「W・D」が過去に殺してしまった最愛の女性の生き写し。
〆さばさばとした性格で、物事を有耶無耶にすることを嫌い、はっきりさせないと気が済まないタイプ。ちょっとだけいたずら好き。
〆人語を理解する黒猫を一匹飼っている。名前は「キリエ」。
〆「W・D」×「K・R」にしようと思っていました。
〆諸事情により、没PCへ転落。
⇒「六人目」の可能性が高いPCの一人。幾つか編集して、再登場するかもしれませぬ。

『M・K』
〆女性、西洋人。中学生。
〆後述する「M・Y」とは双子。
〆気が強く、「M・Y」を傷付けようとする全ての存在から守ろうとしている。
⇒妹以外に興味がない為、没PCへ。

『M・Y』
〆女性、西洋人。中学生。
〆前述した「M・K」とは双子。
〆こちらは対照的に気が弱く、常に何かに怯えている。
⇒円滑なコミュニケーションを行うことが難しい為、没PCへ。

『S・R』
〆男性、西洋人。高校生。
〆全キャラクター中、唯一眼鏡持ちのキャラ。
〆親が画家で、様々な国々を旅し、日本に来たのもその為。
〆ギリシア神話の神、ニュクスを象徴化したキャラクター。
〆諸事情により、已む無く没PCへ。
⇒もしかしたら、「六人目」になる可能性が高い。アレンジ加えて別の形で登場するかもしれません。

『I・F』
〆女性、西洋人。高校生。
〆イクセス・フロイラインの義理の妹にしようとした予定のキャラクター。
⇒後に修正、ネロ・ヘルグリムへ変更。
〆フロイライン家の一人娘です。イクセスとは血の繋がっていない姉妹ですね。
〆ネロ・ヘルグリムの存在によって、没PCへ転落。
⇒名前を間違えやすいというのありました。既にPCは削除された為、この際公表してしまいますが、名前は「イクシス・フロイライン」でした。




―――【全体を通して】―――
6人目作りたいなぁ~。
今のところ前述してある通り、二人ほど候補がいるんだよな~。
実は堪え切れずイクセス達と同様、既に昨日の時点でプロフィールを余すことなく書きあげちゃいました。せっかく考えたんだし、消すってのも勿体無いよね。
せっかくだから二人とも作っちゃえばいいんだ!私のライフポイントはもう0だというのに!
まぁ実際の所、創りたいとは思っていますがとりあえず今のところは現状維持ですね。創るとしても…今年の夏終盤~冬始めくらいかな。そこら辺は私の懐事情が潤うか枯渇かの問題なので、あまり期待はしないほうがいいです。
プロフィール

レイス

Author:レイス
此処は背後のレイスがトミーウォーカーのPBWについて語る場所だ。更新は非常に気まぐれで早い時もあれば遅い時もある。

カレンダー

イラストについて

========================= 当HP内に転載されている作品は株式会社トミーウォーカー が運営するPBW用のイラストとして、レイスが作成を依頼したものです。 イラストの使用権はレイスに、著作権は各イラストマスターに、 全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
=========================

カテゴリ

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。