スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片瀬礼菜<2011/04/01始動>

2011.04.02 06:39|片瀬礼菜(近藤あやめ)
b75671_bust_1.jpg
【名前】
片瀬礼菜
(片瀬礼菜⇒近藤あやめ⇒片瀬礼菜)


【生年月日/家族】
1993年9月21日/父:遼(死去)、母:妃奈(死去)


【種族/クラス】
人間/ナイトメア適合者×雪女


【好きなもの/嫌いなもの】
黒いノートに書かれた童話『物語』/特にない


【趣味】
『物語』を読むこと、料理(美味しいかどうかは別問題)、茶道


【子供の頃の夢】
作家になった玲の担当編集者になること


【能力者として覚醒した切っ掛け】
魔女によって無理矢理能力者に目覚めさせられた


【所属】
銀誓館学園高等部 鳥珠キャンパス ―在学―
 

【戦闘スタイル】『光』『氷』
中距離から布槍、遠距離攻撃から結晶輪で相手を追い詰める。中距離以上からは万能を誇る牽制攻撃タイプ。


【状態】
身長:154.5cm
瞳:蒼(深くて濃い蒼)、髪:藤色、肌:色白
イメージツール:天真爛漫
イメージボイス:水橋かおり
イメージソング:Distance/宇多田ヒカル


【一般技能】
・文学の才能
・習い事(上流系)
・お願い


【特殊技能-シルバーレインには反映されません】
・家事全般(弱)
⇒炊事洗濯料理など家事全般に亘っての技能が著しく不足しています。一人で生き抜くには困難を極めます。
・共感覚(特殊、条件)
⇒ある一つの刺激によって、本来起こる感覚だけではなく、他の領域の感覚を引き起こす能力が高いです。
・永遠の少女
⇒???


【口調】
普段の口調:天真爛漫
⇒私 ~さん だね、だよ、だよね、なのかな?
片思いの相手には:純真爛漫
⇒私 呼び捨て だね、だよ、だよね、なのかな?


【感情】
イクセス・フロイライン=『恩人、感謝』
ネロ・ヘルグリム=『優しい、感謝』
氷月玲=『秘めた恋心、幼馴染』
篠宮咲耶=『クラスメイト、友人、感謝』


【備考-人格】
その様は字の如く天真爛漫で、裏表がないハッキリした少女らしい少女。
玲曰く、幼い頃と180度違う性格になったらしいがどういったきっかけでそうなったのかは玲にも分からない。
初めて知り合った頃は人見知りの傾向が強かったのに対し、今はそれも薄れている。
幼馴染の玲に恋心を抱いており、積極的にアプローチもかけてるらしいが当の本人が鈍感なため中々気付いてもらえない。
が、端から見ればいつくっつくのか非常にもどかしい。


【備考2-幼馴染】
氷月家とは自宅と隣接していたが、親同士の交流のみで、子供同士が直接会ったことはない。礼菜が玲と会ったのは、彼が入院したのを知り、ちょっとした興味でその病院へ行ったことが切っ掛け。
その時に玲が書いていた『物語』に魅了され、それからはお見舞いという名目で通い、何度も読ませてもらっていた。当時人見知りであった礼菜も、『物語』を介して玲と打ち解けていきていった。
また、玲と礼菜が病院で度々会っていたことは、当時の親達は何も知らなかった。


【経歴】
片瀬家の一人娘として生まれ、能力者云々とは何の縁もない生活を送ってきた。
15を迎えて幾許もない頃、家族諸共ゴーストの集団に襲われ、両親は礼菜を遠ざけることに成功したが命を失うが、既にその身には『魔女』の意思が巣食っていた。辛くもその場から逃げることに成功した礼菜は、疲労とショックで倒れるが、その直後に偶々近くを通りかかったイクセスとネロの二人に記憶を失った状態で救助・保護された。
『日本編』
以来、近藤あやめとしてイクセス等と共に自分が誰なのかを探っていたある時、二人の能力者に出会う。
その接触によって自身に宿っていた『魔女』を暴き、倒したことで片瀬礼菜として本当の自分を取り戻す。
プロフィール

レイス

Author:レイス
此処は背後のレイスがトミーウォーカーのPBWについて語る場所だ。更新は非常に気まぐれで早い時もあれば遅い時もある。

カレンダー

イラストについて

========================= 当HP内に転載されている作品は株式会社トミーウォーカー が運営するPBW用のイラストとして、レイスが作成を依頼したものです。 イラストの使用権はレイスに、著作権は各イラストマスターに、 全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
=========================

カテゴリ

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。